つるしびなサークル 「きっこまざぎの会」

子どもや孫のために、残り布を縫い合わせて作る、つるしびな。 みんなで励まし合って制作していきます。 宮城県大崎市古川の醸室という蔵屋敷で、 活動しているサークル「きっこまざぎ(切細裂き)の会」です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古川 醸室の ふじまつり

きっこまざぎの会の会場である
醸室(かむろ)のイベント情報です。

今年も、大崎市古川の中心部を流れる
緒絶川沿いに

藤の散歩道ができました。

↓は、昨年の市の広報誌からの抜粋です。
(日時がズレていますんで、ご注意ください。)

s-2007-04-28-2133-14.jpg


今年は、5月7日(水)~25日(日)まで
夜のライトアップをお楽しみいただけます。

場所は、緒絶川沿い千手寺橋~川端金谷不動尊までです。

幻想的な藤の散歩道を、歩いてみませんか?

2007-04-28-2209-18.jpg

ライトアップの時間は、午後6時30分~10間までです。
s-2008-05-07-1652-35.jpg


5月17日には、醸室と緒絶の館広場前で、
ふじまつり、イベントが開かれます。

詳しくは、次ページで、ご案内します。
*CommentList

きっこまざぎのお試し会、ただ今開催中

 ただ今、きっこまざぎの会のお試し会、開催中。 

SANY0001.JPG

 

遠く、石巻や、南三陸町からもいらっしゃいました。

ありがとうございます。

急なことで、本日、参加できなかった方も多いですが、

お気になさらずに、次回足をお運びください。..

 

SANY0015.JPG

オーストラリアから来られた、外人さんも、

興味をもって、写真を撮っていかれました。


SANY0004.JPG                   

 

今回の企画は、 子どものすこやかな成長を願ってですが、

もう一つ、

なごみの郷 醸室(かむろ)に、

お客さんがいっぱい来るように、

との願いも込められています。

 

 

SANY0008.JPG 


 

とにかく、無事、スタートできて良かったです。

これから、1年間、よろしくお願いします。

もちろん、年間全部出なければならないもんじゃありません。

無理なく、楽しくいきましょう。

 

箟岳山 箟峰寺(こんぽうじ)のつるしびな

e664254139adf7e9efbd0149dcf4b340.jpg


宮城県 涌谷町の箟岳山 箟峰寺(こんぽうじ)実相坊で

このつるしびな祭りが始まって今年で7年目。

伊豆稲取温泉で出逢ったつるしびなに感動し、

 頼んで作っていただいたのが切っ掛けとか。

今では数も増えて、端午の節句にちなんだお人形もいっぱいです。

兜や鯉がとってもCuteです。

 手芸が好きな人にはたまりませんね。

各 人 形 の い わ れ

猿っこさる(去る)にかけて厄や災いが去るように。
柿は滋養があり、「柿赤くなれば医者青くなる」という諺がある。
唐がらり昔は雛人形に虫がつかぬよう唐辛子を入れました。赤ちゃんにも虫がつかぬように。
座布団赤ちゃんと言えば、座布団の周りでハイハイ。「這えば立て、立てば歩めの親心」。
這い子人形ハイハイする子は丈夫に育ちます。可愛らしい「這い子人形」は我が子と同じ。
かめ鶴は千年。亀は万年。我が子や子孫が元気で長命でありますように。
巾着我が子がお金に不自由しないように。
三角昔、薬と言えば三角の袋でした。もしも病気になったとしても薬で治りますように。
うさぎ赤い目のうさぎは病気を退治する力を持っていると信じられていました。
三番そう祝い事に欠かせない役割をもつ三番そう。
もも桃には邪気を除ける強い力があります。「我が子が幸せになりますように」。
555a3301784da267ab10edcf07c5a57f.jpg
この慈愛溢れる祭りは、
九州柳川地方のつるしびなと
伊豆稲取温泉のつるしびなの祭りが有名です。
そして、箟岳山、実相坊の祭りと合わせて
全国でも三箇所だけの祭りなのだそうです。

つるしびなサークル「きっこまざぎの会」

2008-04-18-1729-15_edited.jpg

この度、醸室では、つるしびな等の、

季節を楽しむ贅沢な時間を、醸室で過ごしていただくべく、

サークルを立ち上げました。

名前も、「きっこまざぎの会」です。

img3fb04599zik6zj.jpg


今、私たちは、大変忙しい時代に住んでいます。

そんな中、もの作りを通して、

ちょっとした時間、お金をかけないで

「季節を楽しむ贅沢な喜び」を感じることが出来れば良いなと思います。

 

作る喜び、作品を眺めて癒される時間を大切にしたい。

昔の着物を解いてみて、布を大事にしてきたことが感じられますね。

私たちは、解いた生地を材料に新たなものを作ることで

物を大切にしていきたいと思います。

 

ものを大事にする気持ち、家族を思う気持ち、

心が癒される時間を大事にしていきたいものです。

そんな思いを込めて、会の名前を「きっこまざき(切細裂き)の会」

と名付けました。

 

色鮮やかな布で作るつるし飾り。

私たちが小さい頃は、まだひな人形を購入できるような家庭は

マレでした。

着物の布を縫い合わせて作った飾りです。

自分のために、そして、愛する子どもや孫のために

思いを込めて一針一針縫い上げていきます。

 

初心者向けに扱いやすい素材を用意いたしました。

一緒に作ってみませんか?

img01ab2819zik3zj.jpg


img01ab2819zik3zj.jpg

思いを込めた つるしびな

     title-tsurushi02.gif


       どうかこの子に災いが降りかからないように…

    と、願いながらつくられた「つるし雛」。

    一つ一つ手作りでつくられたつるし雛は、

   そんな願いが込められています。


                   

p-tsuru-doll01.jpg

緒絶姫が見守るなごみの郷 醸室(かむろ)では、

このたび、

昔から伝わる子供の誕生と健康な成長を願う

つるし雛作りサークルをスタートしました。


涌谷町の箟峯寺のつるしびなが、

たいへん有名で、にぎわっていますが、

 
つるしびなは、いろんないちゃなお人形をたくさん作って

それをぜーんぶつるしちゃうっていう

とってもユニークなものです。



しかも、単なるお人形じゃなくて

それぞれにちゃーんと意味がこもってるんです。

どうかこの子に災いが降りかからないように…

って意味がそれぞれについています。

p-tsuru-doll05.jpg


素敵ですね。


でも、もちろん一つ一つを

たった一人の人が作るのは

ホントに大変。

だから、みんなで励まし合ってつくるんです。

p-tsuru-doll06.jpg


だから「つるしびな」

ひとつひとつの願いを込めたお人形を

みんなで、1年間かけて集めて

一つの大きな形にする。


とっても素敵なことだと思います。

p-tsuru-tubaki3.jpg

ちなみに、市販では、2万円から、4万円です。

p-tsuru-g-syobu.jpg

それらを、これから立ち上げます、ホームページで

全国の皆さんにご紹介と販売もできます。

 

ご関心のある方は、

担当の醸室 寺子屋ホール担当 相澤まで

電話 080-6009-1995


募集要項ページ


p-tsurushi.jpg

Menu

プロフィール

つるしびな

Author:つるしびな
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。